ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

10年越の読破

 

テキスタイル出身の有名人の中で

個人的に一番誇らしい西義之のヒット作。

 

ムヒョ、ネウロみえるひとゲドー君とか、

流行ったところだとDグレとか、

他紙だとソウルイーターとか、

ホラーとかダークファンタジー系って2000年代後半の流行りだったのかな?

今だったら鬼滅の刃とかですか?2巻までしか読めていないけど・・・。

 

ムヒョ、当時すごく好きだったんです。

でも、なんか好きって言いにくかった。ネウロとかも。

だってなんか根暗っぽいじゃないですか!

銀魂とかの方が流行ってたし、

Dグレとかリボーンの方がオシャレじゃないですか。

掲載順も後の方だったので、

「あ、これ人気なさそう・・・」

って思ってた・・・。

 

西さんの絵はすごく特徴的なので、

読み手をかなり選ぶと思う。

でもあの絵は慣れると、かなりステキに見える。

描き込む感じの絵が好きな人なら好きかもしれない。

あと登場人物の言葉遣いや、小物が乙女チック。テキ属性感じます。

やさしい言葉遣いにほのぼのします。

 

話は正統派っぽい感じ。

ふつーに面白いです。展開もアツいし、泣き所もある。

少年漫画のアツい展開の中に、優しさや甘さがあって、そこが良いです。

女性が描いているのでは・・・と思ってしまいます。

 

ムヒョの一番のおすすめポイントは、

魔法律家によって召喚される地獄からの使者のデザイン!

おどろおどろしいけれどどこかメルヘンでかっこいいです。

私は幽李が好き。むしろキャラ全ての中で一番好き。

 

使者と魔法律家の関係性が、そいつら独特だったりして、

信頼関係が築かれていたり、契約以上も以下でもないドライな関係だったり、

さらに登記簿の存在、契約を結ぶ過程などが、システマチックで面白い。

なんか妙に現実味がある感じ。地獄の使者なのに。

 

この漫画を10巻くらいまで実家で集めてたんだけど、

最近思い出して続きから読み始め、

先日やっと全巻読み終えたその日が、

なんとロージーの誕生日だったようだ。

ロージーおめでとう!

 

ちなみに、ムヒョの事務所のある場所が、

多分橋本の設定なので、

今後、橋本でムヒョについて思いを馳せる事になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七女子会彷徨

本当に10日間だけですか



5ヶ月ぶりの投稿…。

このブログの存在は忘れてはいなかった。

むしろ、なにか読んだり見るたびに、これはブログに書こう!という気持ちになっていたのだけど、なんとなく書かないまま、5ヶ月が過ぎたという感じだ。


最近dアニメというアニメ限定の動画配信サービスに登録してしまい、日常系のアニメしか見ていないから実際書く中身がない。


ゆるゆりを3期分、まるっと見たけど、おもしろくなさすぎた。

全部観た後、900分もの時間のムダ使いに愕然とした。


…でもかわいかった。


ゆるゆり、かわいいしかわいいしかわいくていいんだけど、何も起きなさすぎて、逆に非日常だったな。


ゆるゆりの話はどうでもいいんだ。



表題の漫画、つばなの第七女子会彷徨ですが、私がヘビーユーズ(無課金)しているLINE漫画で途中まで無料掲載していて、掲載が打ち切られたあと、初めて実際に買ってみた漫画です。


このつばなという漫画家(女性のようだ)は、石黒正数のアシスタントを10日間したことがあるらしいのだが、石黒正数のDNAをビシバシ感じる。

本当に10日間だけなのか?と思うくらい、それ町っぽい気がする。


でもそれ町よりもっとSFに振っているので、それ町のSF回が好きな人にめっちゃオススメしたい!


また絵が非常にかわゆい。

線が丸くてきれい。あとディテールが凝ってるので、見ていてすごく楽しい。


SFの設定もあまり突飛で壮大ではなくて、現代の私たちの暮らしの延長線上にあるような、コミカルで、生活に寄り添うような感じ。


そして、なんといっても

ゆる〜〜い百合が超かわいい!

正直ゆるゆりよりもゆるい。


やっぱりこういうとこでも、歩鳥と紺先輩を思い出しちゃうんだよな〜。

はーかわいい。


2017年で読んだ漫画で、今のところ1位だな〜。












Lupin the Third ~峰不二子という女~

むせ返るほどのメス感

 

2012年とかにやってた

峰不二子という女をやっと見た・・・。

当時文化庁メディア芸術祭に行った時に

ブースが出てて気になってはいたんだけどなんか見ないままだった。

多分『不二子別に好きじゃないしな・・・』

って思って見なかったと思う。

 

不二子がアニメの中で必要不可欠だとは思うけど

(華麗なるチームプレイ作戦とかめちゃめちゃ好き)

個人のキャラ的には別に・・・という感じ。

可愛いし、ラヴ・スコール好きだけど!!

というか次元以外はみんなふ〜んって感じなんだよな・・・。

 

今、五ヱ門(変換で正しい表記が出ない)の映画がやっているんだけど

それで今回見てみることにした。

去年やってたアニメシリーズとか今度の五ヱ門の映画の監督が

峰不二子という女では作監やってるみたいだ。

そうそう!

この作品の特徴として

監督が山本沙代という女性だということはかなり大きい。

まあ、不二子をクローズアップしてるからそれはそうなんだろうけど

まずOP、EDがやりすぎってくらいメスを感じる。

不二子がバストトップを出しまくってるからってだけではなく、

音楽、シルエットのアニメーション、花や蝶、フクロウなどのモチーフ

それらが死ぬほど甘い生クリームとかを

無理やり食べさせられている気持ちになる。

割と内容も全体にわたってそれ。

内容もすごく個人的というか、自己中心的というか

不二子の内面や素性が主題になっており、

そこが女性的だなと思った。

次元やルパンに焦点を当てたらこうはならないだろう。

 

でも全然嫌な感じはしなくてむしろすごく面白かった。

それは私が女の端くれだからだろうか。

男だったらオエってなるのかな。

 

出てくる女性が不二子含めて何かに抑圧されていることとか

銭形にオリキャラの部下が愛情を持つホモ展開とか

女学校で不二子がモテまくる謎の百合回など

色々な点でメス感を感じた・・・。

 

一番よかったのはやっぱ

次元がカッコよかったことですね!

強くて女に甘くてかなりときめきました!!!

 

クローズアップのシリーズは

キャラのデザインが原作に近くていいですね〜

帽子の帯に鱗模様みたいなのついてるやつ!

 

2話はかなり嫉妬したけどよかったです!

やっぱり次元はメンヘラでインテリ入った女が好きなんだね!私だね!

 

ルパンはまあいつも通りって感じだけど

五ヱ門が今回いつもに増してコメディリリーフだったなー。

銭形が不二子と寝てる回で、次元も寝るんじゃないかとヒヤヒヤしたけど

寝なくてよかったです・・・。

 

しかし、沢城みゆき、不二子役めっちゃ上手いなと思いました。

増山江威子さんがザ・不二子なのはそうなんだけど

もうご高齢なので・・・。

エロ可愛くて、なんか企んでそうで、でも少し浅はかっぽいところが

ちゃんと不二子ちゃんっぽくてすごくいいな〜。

 

でも小林清志が次元じゃなくなったら

つらすぎて泣く・・・。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

聖の青春

どうやったって萌え

今年ずっと楽しみにしていた映画2本目。

松山ケンイチが役作りのために

めっちゃ太るということで話題でしたね。

 

実際めっちゃ太ってた。

でも体格のいい人が体重を増やすと

腹だけ出るんじゃなくて

全体的にがっちりするんだなと思った。

村山聖はもっとまん丸な感じだから、そこは違うけど、

すごい頑張って太ってたのですごいな、って思った。

 

村山聖もアツいですが

私は羽生善治イチローさかなクン

日本の宝だと常々思っているので

人として最高にカッコいいと思っているので

羽生役を東出昌大がやっているのがアツすぎた・・・!

がっごい``~~~~~~~~~~~~

現実でも好きな人役を、好きな俳優がやっていたので

かなり嬉しかった。

仕草とかかなり羽生の真似してた。

 

純粋に、能力(コミュニケーション能力とか性格に通じているものではなく)

で戦ってお金を稼いでる人って

なんてかっこいいんだろうか。

棋士や雀士もそうだし、スポーツ選手とか、科学者とかも。

目に見える力は美しいな〜。尊いな〜。っていつも思う。

だって気持ちとかに左右されないし

揺るがないし、結果が全てで、事実だから。

めちゃめちゃ澄んでいるしシンプル。

羽生名人は、私にとってその憧れと尊敬の最たる人だ。

村山聖の生き方もエモいが、

私は羽生名人の存在そのものが好き。

いち人間としていち日本人として誇らしい。

 

一番好きなシーンは

羽生と村山がタイトル戦の後の宴会を抜け出して

小さい居酒屋でビールを飲む

とてもロマンチックなシーン。

 

趣味も境遇も全く合わない二人だけど

将棋に負けると死にたくなるほど悔しいのは同じ・・・。

萌えでしかねー!!!男かっこえー!!!

何かを突き詰めている人ってのは

なんてかっこいいんだ・・・。うう・・・なりたいよう・・・。

 

さらに村山の、

死ぬ前に女を抱いてみたかった

というつぶやきに近いセリフがまた普通に悲しくて泣ける・・・。

病気でなければ、将棋に出会ってなかったというのも泣ける・・・。

 

かなり病状が悪化してきて、

将棋を続けるために村山は手術で臓器を摘出する。

その覚悟で臨んだ一戦で羽生に挑んで負けた瞬間、

私はめっちゃ泣いてしまった。

かわいそうで悲しいとかでなく、

村山聖を通して、

勝負に負けるということを追体験して

くやしすぎて泣いた。

勝負に負けるってめっちゃ悔しいんだった

って思い出した。

 

こんなことを商売にしてるなんて凄すぎるな〜。

絶対頭おかしくなるよ。

 

あと駒のパチンっていう音が

小気味良くて気持ちよかった。

牌より軽い乾いた木の音。

BGMも全体的に少なめ。

 

久しぶりに普通っぽい日本映画見たからか

雰囲気を忘れた感あるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世界の片隅に

なんも言えねえ

 

去年からずっと待っていた映画。

錦糸町楽天地という古い映画館で観た。

スクリーンが小さかったけど、雰囲気がこの映画にとてもよくあっていた。

 

原作も読んだし、夕凪の街桜の国も大好きなので、

本当に楽しみにしていた。

 

この映画は、太平洋戦争時の一般の主婦の日常の話だけど

見識もなければ、この国の未来に対しての興味もないので

私は戦争については意見できない。

この映画の感想だけ書く。

 

まずコトリンゴの主題歌が流れていい意味で、「ブワッ」ってなった。

コトリンゴ元々好きなんだけど、自分が原作に抱いてた印象にぴったりだったし、

歌詞もすごく良かったので。

観終わったあとにこの歌詞をよくよく読んだら、めちゃくちゃきれいな歌詞だった。

サトウハチローすげえなあ・・・。

日本語でこんなきれいな文章作れるんだな〜。

音楽って強いんだな〜。

 

内容は漫画にほとんど忠実でした。

監督の人、原作好きなんだなって感じがして良かった。

でも、リンさんのエピソードがおまけぐらいにしか描かれてなかった!

原作ではもっとメインっぽいのに。

あのすずさんの女っぽい側面いいよね・・・。

二次元だからかな・・・。

 

あと、戦時下のお料理描写が最高でした。

スミレの花が浮いたお味噌汁!

和食なはずなのに、倹約中なはずなのに、メルヘンの国の料理みたい。

 

戦争してても腹はへるし

春が来て夏が来て秋が来て冬も来る。

人を好きになるし、人が死んだら悲しい。

聖人君子や仏になれと言われてもなれない。

 

人間の根源的な気持ちを揺さぶる作品だと思った。

私はこの映画を前にして理論で武装することは出来ん・・・。

バカだからか?バカだからなのか?

 

この人たちの延長線上に自分たちは立っているのかー。

夏になるとやる戦争ドラマの中の戦争より

学校の歴史の授業より実感する。

 

映画見終わったあと錦糸町の喫茶店で楽太郎から、

作者は原作で、すずさんが〇〇したあと、〇〇で背景描いてる

って聞いて、

こうの史代は漫画の可能性を考えてて、

向上心や学びたい心がいくつになってもある聡い女性なんだな

と思いました。

 

しかも私が中学の時から集めている谷川史子さんのアシだったと!

ふわふわ可愛いタッチと雰囲気、納得です。

 

 

今年は映画館で6本も映画観た!

珍し〜。

美大生だった時は全然観なかったのに、どういうことだよ。

 

あと来週は聖の青春も観る!

 

ていうか今日は読み手を意識したブログが書けたんじゃないか!?

 

 

 

ちーちゃんはちょっと足りない

誰得なんだこの漫画・・・

 

初の漫画での更新だ。

いや、ていうかまず2ヶ月ぶりの更新だ・・・

 

漫画を読まなくなった。

LINE漫画とかスマホで読めるのは毎日欠かさず読むんだけど。

本という物になると、ページを手でめくるのも

めんどくさいと感じるサイテーな状態になってるから

漫画の積ん読が全然消化できない。

 

先日新宿の西口のブックオフへフラフラいった。

てっちゃんがオススメしてたとこだ。

 

マルイに酷似したマークのビルの4、5階のフロアがブックオフになっている。

東口のよりはまあ広いけど、広さはフツー。

 

でも!

100円棚のラインナップが良かったー!

普通のブックオフでは、1巻だけは100円とかのものも

2巻以降も100円だったりした。

エマが2巻以降も100円だった。

 

そこで100円で表題の漫画を購入。

100円じゃなかったら買ってないと思う。

 

表紙が可愛いけど、いかにもアホそうな女の子と

タイトルからして、なんかただの日常系ではなさそうだと思っていた漫画だ。

 

『足りない』というタイトルで

私は、正直なところ、この表紙の女の子の知能が『足りない』のだと思った。

身も蓋もない言い方だけど・・・

 

実際、主人公のちーちゃんは中学生にしてはあまりにも幼い。

精神年齢も知能レベルも言動も倫理観も。

 

そしてもう一人の主人公のナツは、

ちーちゃんと同じ団地に住む母子家庭の女の子。

自分の家庭や性格や成績、モテないこと、貧乏な事に劣等感を抱いている。

旭ちゃんという仲良しの勉強ができる金持ちの子や、クラスメイトたちを

いつも羨ましいと思っている。

そして、ちーちゃんを自分と同じかそれ以下の人間と、

心の奥底で思っている。

 

これを読むほとんどの人が

残念だけど『ナツ』だと思う。

 

ナツがリボンを買って、学校につけていくシーンが辛い・・・

こういった状況に心当たりの無い人って逆にいるのかな。

いるんだろうなー。

 

思春期の暗い心境を思い出し辛くなる漫画だった。

誰得なんだろう。これを漫画にするサド(むしろマゾ)っぷりあるなあ。

 

 

私は、旭やクラスメイト達と比べて、

貧乏や馬鹿で、いつも欲しいものが手に入らないというナツの劣等感よりも、

似た家庭環境で、同族なはずのちーちゃんとナツの違いの方が見ていて辛い。

 

ちーちゃんは犯した罪を許される。

怒られはするけど、最終的には円満になる。

本人も反省する。そして善悪の区別を学び、成長する。

みんなちーちゃんを憎まない。

 

ナツは善悪の区別がつきながら、罪を犯す。

謝る機会も失ってしまう。

みんなから面と向かって責められない代わりに信用を失う。

一生消えないしこりになるだろう。

 

ちーちゃんはバカだし貧乏だけど、『持っている』。

将来有名人になったりしそう。

 

『持っている人』と『持っていない人』は

どこで分かれるんだろう。

 

運とかコミュ力とかいう言葉で割り切れるものなのかもわからない。

 

自分がどっちなのかもわからない・・・。

 

ただ、こういうことを考えたりしないで

頑張れる人は一番いいなあと思う。

 

 

 

 

シン・ゴジラ

可愛くないゴジラ

これを書いてる今はもう、世間は「君の名は。」だけど、先々週にシン・ゴジラ見てきた。周りでめちゃ話題だったので、さすがに見るか・・・。やれやれ・・・。という謎のテンションになっていた。ネットや友人たちから事前情報をインプットされていた。ネタバレ平気で良かった。

 

私の父親が特撮が好きで、ゴジラガメラウルトラマンをよく居間のテレビで見ていた。我が家にはテレビが1台しかなく、さらに父親がテレビの主導権を握っており、一緒に私も見ていた。見るしかなかった。断片的にしか覚えてないけど。

その時見ていたゴジラよりも、今回のゴジラは全然可愛くなくてよりいっそう哀れなバケモノ感がした。いつものゴジラはもっと優しそうな目してるのにこのゴジラは感情がなくてかわいそう・・・。

今までのゴジラは結構ゴジラ自身にもっと意識や感情を感じる。人間が生み出してしまった悲しい生き物ゴジラだけど、それでも命はあるんだよ!!的な。

でも今回のゴジラは、ゴジラといういち生命というよりも、非常事態、地震、災害の置き換えとしてのゴジラなんだと思いました。

 

でもだからか知らんけど、一般市民が完全モブなのがいいですね。愛だの家族だのとのたまわなくて、清々しい。

 

長谷川博己?かっこいいですね

 

面白かったけど、2回目はDVDでいいや。

あ、あと初めてアイマックスで見たんだけど、めちゃ良かったです。

 

 

P.S.楽太郎おじさんとか、この世のゴジラファンへ。

新しいゴジラのテクスチャ、うんこっぽいって言ってすみませんでした。