読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CURE

Huluに登録しました。

 

この日、次の日に食肉センターで焼肉を食べるために朝並ぶ予定だったのに、眠れなかった。見たい映画があったのを思い出して、Huluに無料二週間トライアルで登録した。

見たい映画とはバトル・ロワイアルだったのだが、Huluに無かった。

ザッピングしていたら、CUREがあった。大学一年の時から知っていたのに時間とずく(長野県の方便 ≒やる気)が無く見ていなかった。

サイコ・サスペンス・スリラーであるそう。

私は羊たちの沈黙が大好きすぎて、これを初めて見た時の感覚や気持ちを忘れることが出来なくて、第二の羊たちの沈黙はないものかとネットでサイコホラー、サスペンス、スリラーのジャンルの映画を、以前たくさん調べていた。CUREもその時知った。

1997年の映画。監督は黒沢清。出演は役所広司萩原聖人。団地や廃墟がよく出てくる。いつも天気が曇っている。全体的にブルーグレーの画面が多くてきれいだった。

謎解き感はあまり無いので、頭を使う楽しさはない。次に殺されるの誰かなって思いながらハラハラするシンプルな感じ。

萩原聖人が間宮という記憶障害の男。とてもかっこいい。タイプすぎてずっと直視することができない。あと着てるセーターが可愛いから欲しい。

間宮の家を探索するシーンがドキドキして好き。間宮が入れられる病院の女医さんが、ひだかまみさんに似ていて美人だった。

監督の狙いっぽいけど、ショッキングで意味ありげなシーンが突然挿入されたり、ブツッと切れたりする。羊たちの沈黙ほどではないけど面白かった

。こういう見た後に解説サイト読みたくなっちゃうやつ、一生見たい。

ドグラ・マグラに似ているという評価があるので、ドグラ・マグラを読みたくなった。前に挫折したけど、それ中学の時だから今なら読めるかな。