読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アガサ・クリスティ ABC殺人事件

なんか女性っぽい

 

アガサ・クリスティABC殺人事件を読んだ。

なんでかわからないけど一般向けの文庫本が橋本図書館の一般書架になくて、児童書の部屋にあったものを読んだ。挿絵がなんかキモかった。

小学生の時にオリエント急行殺人事件を読んだけど、全く覚えていない、、。

非常にバカで今よりセンスがなかったので、理解できなかったのかもしれない。

先入観かもしれないけど、セリフとかユーモアとかが女の人っぽいと思った。クリスティが椅子に座ってタイプするところを想像しながら読んだ。ピーターラビットを書いた人の映画みたいな感じで。

ポアロって太ったおっさんなのがいいなって子供の頃から思ってた。灰色の脳細胞とかかっこよすぎでしょ。言ってみてえ、、。

どストレートなミスリードがいいです。現代っ子のかわいくない私は、裏の裏の裏の裏の裏くらいまで、当てずっぽうで考えちゃう。やっぱ裏!で終わりでいいよな、ってなるな。

海外の作家が書いた小説は、半分くらいは訳した人のセンスだから、100パーセント読んだとは言えないのかな。しかもこれ児童書だしな。私がクリスティが書いたそのままのニュアンスを享受するには、英語をもっと読めるようにならなければならないのか〜。無理だ、、。

推理小説は、感情の表現がポエム的にダラダラ書かれてないところが最近気に入っている。

曖昧な心象表現めんどくさい。