シン・ゴジラ

可愛くないゴジラ

これを書いてる今はもう、世間は「君の名は。」だけど、先々週にシン・ゴジラ見てきた。周りでめちゃ話題だったので、さすがに見るか・・・。やれやれ・・・。という謎のテンションになっていた。ネットや友人たちから事前情報をインプットされていた。ネタバレ平気で良かった。

 

私の父親が特撮が好きで、ゴジラガメラウルトラマンをよく居間のテレビで見ていた。我が家にはテレビが1台しかなく、さらに父親がテレビの主導権を握っており、一緒に私も見ていた。見るしかなかった。断片的にしか覚えてないけど。

その時見ていたゴジラよりも、今回のゴジラは全然可愛くなくてよりいっそう哀れなバケモノ感がした。いつものゴジラはもっと優しそうな目してるのにこのゴジラは感情がなくてかわいそう・・・。

今までのゴジラは結構ゴジラ自身にもっと意識や感情を感じる。人間が生み出してしまった悲しい生き物ゴジラだけど、それでも命はあるんだよ!!的な。

でも今回のゴジラは、ゴジラといういち生命というよりも、非常事態、地震、災害の置き換えとしてのゴジラなんだと思いました。

 

でもだからか知らんけど、一般市民が完全モブなのがいいですね。愛だの家族だのとのたまわなくて、清々しい。

 

長谷川博己?かっこいいですね

 

面白かったけど、2回目はDVDでいいや。

あ、あと初めてアイマックスで見たんだけど、めちゃ良かったです。

 

 

P.S.楽太郎おじさんとか、この世のゴジラファンへ。

新しいゴジラのテクスチャ、うんこっぽいって言ってすみませんでした。