ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

10年越の読破

 

テキスタイル出身の有名人の中で

個人的に一番誇らしい西義之のヒット作。

 

ムヒョ、ネウロみえるひとゲドー君とか、

流行ったところだとDグレとか、

他紙だとソウルイーターとか、

ホラーとかダークファンタジー系って2000年代後半の流行りだったのかな?

今だったら鬼滅の刃とかですか?2巻までしか読めていないけど・・・。

 

ムヒョ、当時すごく好きだったんです。

でも、なんか好きって言いにくかった。ネウロとかも。

だってなんか根暗っぽいじゃないですか!

銀魂とかの方が流行ってたし、

Dグレとかリボーンの方がオシャレじゃないですか。

掲載順も後の方だったので、

「あ、これ人気なさそう・・・」

って思ってた・・・。

 

西さんの絵はすごく特徴的なので、

読み手をかなり選ぶと思う。

でもあの絵は慣れると、かなりステキに見える。

描き込む感じの絵が好きな人なら好きかもしれない。

あと登場人物の言葉遣いや、小物が乙女チック。テキ属性感じます。

やさしい言葉遣いにほのぼのします。

 

話は正統派っぽい感じ。

ふつーに面白いです。展開もアツいし、泣き所もある。

少年漫画のアツい展開の中に、優しさや甘さがあって、そこが良いです。

女性が描いているのでは・・・と思ってしまいます。

 

ムヒョの一番のおすすめポイントは、

魔法律家によって召喚される地獄からの使者のデザイン!

おどろおどろしいけれどどこかメルヘンでかっこいいです。

私は幽李が好き。むしろキャラ全ての中で一番好き。

 

使者と魔法律家の関係性が、そいつら独特だったりして、

信頼関係が築かれていたり、契約以上も以下でもないドライな関係だったり、

さらに登記簿の存在、契約を結ぶ過程などが、システマチックで面白い。

なんか妙に現実味がある感じ。地獄の使者なのに。

 

この漫画を10巻くらいまで実家で集めてたんだけど、

最近思い出して続きから読み始め、

先日やっと全巻読み終えたその日が、

なんとロージーの誕生日だったようだ。

ロージーおめでとう!

 

ちなみに、ムヒョの事務所のある場所が、

多分橋本の設定なので、

今後、橋本でムヒョについて思いを馳せる事になるでしょう。